出世大黒天秋季大祭 延期のお知らせ(台風接近に伴う)

台風24号の近畿地方への接近に伴い安全を優先いたしまして、誠に勝手ながら、
9月30日の開催を10月8日に延期いたします。
ご参加者様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご了承くださいますようお願い申し上げます。



法話

幸せは何処に

幸せは何処にお釈迦さまが語られた伝説として次のようなお話があります。
私たち人間は、生まれる前に神さまと四つの約束を交わしているのだそうです。
その一つは「生」といって、生まれたら最後あと戻りできないがそれでもよいのか。二つ目は「老」といって、やがて一人では歩くことが出来ないほど年老いていくがそれでもよいのか。三つ目は「病」といって必ず病気になって苦しむが、それでもよいのか。そして四つ目は「死」で、生まれたらいつか終わりを迎えることになるが、それでもよいのかと問われます。
この四つの条件を了解したならば、人間として生まれることはできるが、それでよいのかもう一度考えなさいと。
結果、私たちはこの約束ごとを全面的に受け入れ、人間として誕生しました。
仏教では、この「生・老・病・死」というのは、四つの苦しみのことをいいます。昔から私たちが大変苦労することを「四苦八苦する」といいますが、まさにつらいこと、悲しいこと、そして苦しいことなどをこの言葉で表現しています。約束ごとですから私たちは一生付きあっていかなければなりません。でもこの苦しみがあるからこそ逆に幸せというものも感じとれるのではないでしょうか。 例えば、病気になってはじめて健康の有難みを知り、年を取ってはじめて若い頃の素晴らしさがわかります。私たちは残念なことに何でも自分中心でものを考えてしまいます。欠けてはじめて与えられていたことに気づきます。
私たちは毎日何気ない日を過ごしていますが、実はこの「何気ない、あたりまえ」が一番幸せなのかも知れません。大切なのは常に私たちにはこの「生・老・病・死」がついているということです。そう考えますと、今私たちがこのような「あたりまえ」の生活ができていることに感謝したいものです。そして、幸せとは人生を人と人とが仲良く生活していくことです。
どうぞよい人間関係を作って下さい。



お知らせ・行事

1月
星まつり厄除け祈祷の申込み
〆切は1月20日頃まで。
お初穂(祈祷料)お一人1,000円です。
お札は節分後お送りします。
2月 3日(金)
節分(星祭祈祷と開運護摩祈祷厳修)
4月 8日(土)
花祭り(お釈迦様の誕生日)
4月14日(金)
 〜18日(日)
四国八十八ヶ所巡拝
 
4月23日(日)
出世大黒天春季大祭
6月15日(木)
青葉祭り(弘法大師の誕生日)
8月 9日(水)
水向け塔婆供養法会
10月 8日(日)
出世大黒天秋季大祭
11月23日(木)
お十夜(ご本尊・阿弥陀様の法会)
12月31日(日)
大晦日(除夜の鐘)参加は自由です。

・ 永代供養1霊30万円 納骨料10万円
 法輪寺が末代まで責任を以ってご供養いたします。
・ 新区画墓地 1聖地8寸墓石セット 78万円(別途 管理料1500円/年)
 この価格がすべてです。